FXのノウハウ - 佐野裕FXビクトリーメソッド【アドバンス】

FXのノウハウ - 佐野裕FXビクトリーメソッド【アドバンス】

FXのノウハウ - 佐野裕FXビクトリーメソッド【アドバンス】

相場の3つの状態

 

相場には3つの状態があります。上昇トレンド」と「下降トレンド」と「ノン・トレンド」の3つです。 そしてさらにノン・トレンドは、「ボックス・レンジ」と呼ばれる状況と「膠着(こうちゃく)状態」と呼ばれる状況があります。

 

正しいFXの投資行動であれば、
上昇トレンドと下降トレンドが一番大きな儲けのチャンスとなります。

 

そして、ボックス・レンジの状態でも、ある程度儲けのチャンスをつかむことができます。
是非ともあなたにも知っておいて欲しいことがあります。

 

「相場で勝つためには、必ず相場のトレンドの状態に従って それぞれに適合したトレード手段を選択して適用しなければをならない」

 

ということです。

 

ですから、バカの一つ覚えのようにストキャスティクスやMACDを使ってトレードをしていては、相場がそれに適合する状態であれば勝てますが、そうでないときはまったく勝てなかったのです。

 

私はこのことを身にしみて解るようになるまでに愚かなことに先物以来十数年以上かかりました…。

 

 

 

ポジションを持つ時に行ってほしいこと

 

あなたがFXでポジションを持つ時に、まず最初に行って欲しいことがあります。

 

それは…、

 

『相場が今どのトレンドの状態にあるか』を計測するということです。

 

その上に立って、それぞれの相場の状態に適合する効果的ワークとなる手段を適用してください。なぜかというとFXのポジションを持つということは、位置を決めるということと共に、方向(売りか買いか)を決めることだからです。

 

相場のトレンド状態を知るために従来から先人は、トレンドラインや移動平均線などを用いてFXのトレンド状態やその変化を確認しようとしていたのです。

 

トレンドラインそのものやそのブレーク、そして移動平均線そのものやそのクロスなどです。

 

でも、移動平均線やそののクロスでは遅すぎることも多々ありますし、また、初心者の頃はトレンドラインを正確に引くことすらけっこう難しいものです。トレンドラインがある程度引けるようになることは必要なことですが、もっと簡単に現在のFXのトレンドがどの状況にあるのかを誰でも見極める方法はないものでしょうか。

 

でも、それだけでは不十分です…

 

もちろん、相場のトレンドの有無が解っただけで相場に勝てるわけではありません。

 

さらに、それぞれの相場の状態に適合するテクニカル指標の補完補足関係にある組み合わせ、つまり「効果的なワーク」自体を見つけ出さなくてはなりません。いくらトレンド状態であるからといって、例えば移動平均線だけを単独で用いて簡単に勝てるものではないからです。

 

また、テクニカル指標は万能ではありません。例えば、米雇用統計などの巨大経済指標が発表されるときなど、マーケットのコンセンサスと大きく異なるサプライズがあったりすると一瞬のうちに急騰や急落が起こります。

 

このようなケースでは、テクニカル指標はタイムラグが生じてまったくといっていいほど使い物になりません。経済指標の発表時には、テクニカル指標ではない別の手段が必要なのです。

 

生き物のような相場に勝つためには、1つの万能の手段はありません。トレンドの状態、経済指標の発表の時間など、
それぞれに適合した手段を自在に使い分けしなければならないのです。

 

 

 

FXをナメていては勝てない

 

突き詰めれば「買うか売るか」「相場を休むか」「スワップポイントか」それらの組み合わせしかないFXですが、ナメてかかれるほど単純ではありません。

 

トレンドを計測して、それぞれの相場の状態に応じた複数のテクニカル指標を駆使して、さらに経済指標の発表時間には、それに応じた手段を使う―。これだけでFXに勝てればよいのですが、残念ながらこの程度ではある程度FXに勝つことはあったとしても、「勝ち続けること」はできません。

 

あと何が必要なのでしょう?まだまだたくさんあります。いくつかを簡単にお話いたします。

 

その1つは、相場の大きな流れを計測することです。

 

5分足や30分足などでの局所的な相場計測だけで、大きな相場の流れを無視してトレードしていては安定してトレードに勝ち続けることはなかなか難しいものです。

 

大きな相場の流れは小さな相場の流れの集積で形成されますが、また逆に小さな相場の流れは大きな相場の流れに強く影響を受けます。大きな相場の流れも計測する必要があるのです。

 

また、総合的にトレードで勝つための「負ける技術」であるプロテクティブ・ストップ・ロスの設定方法も必要です。適当にストップを入れるだけではよい結果となりません。きちっとした損切りの根拠とノウハウが必要です。

 

さらに、エントリーするに当たって利益目標もPips単位で設定できるようにならなくてはなりません。利益目標も立てられないものは投資ノウハウではありません。

 

スクとリワードについても学ばなくてはなりません。ポジションサイジングやレバレッジについての知識も必要です。資金に見合わないむやみな大玉は勝率が100%でない限り、わずかな勝敗のバイアスでMCとなってしまうこともあります。

 

そして、もちろんエントリーのノウハウだけではなく、大切なことですが、的確なエグジット(クローズ)法も必要です。

 

また、投資法の範疇から少しずれますが、投資マインドといいますか、ディスポジションに陥りやすい精神面の強化も必要のようです。

 

 

 

さらに重要なこと。追従を超えてその先へ―

 

さて、ここから少し大切なお話をします。

 

今度は、そのトレード法自体についても考えてみましょう。

 

レンジ相場の時にトレンド状態で用いる手法を適用してしまうことは論外としまして、従来のトレード法の中心となっている手法の概念の1つに、『追従』があります。

 

あまり適切なたとえではありませんが、「今晴れているなら、10分後も雨は降らない」というものです。確かにこのような経験は日常的で、ほとんどこのとおりであることが多いのですが、急に夕立となることもあるわけです。

 

相場で言いますと、ローソク足の陽線が続いていたり、テクニカル指標の示す方向が上昇なので「買う」ということですが、多くの人が経験しているように「買ったとたんに下げる」つまりダマシに遭うことがあります。

 

また逆に値ごろ感や高値警戒から「そろそろ下げるな」と思って「売りに入ると、その後もどんどん上昇してしまう」こともあるわけです。

 

「順張り」と「逆張り」どちらが良いのだろう、という択一ではなく、トレードで勝つためには、「順張り」も「逆張り」も自在に使っていかなくてはならないのです。

 

もちろんダマシに絶対に遭わない手法はありませんが、『追従』だけにたよる手法では不完全なようです。

 

旧来のローソク足の陽線の中に現れる長いヒゲや陰線の示現以上の反転の兆候を示すより合理的な方法はないものでしょうか。レジスタンスラインやサポートラインのように、デイトレードでも使える「境界」はないものでしょうか。

 

トレードに勝つためには、「今晴れているなら、10分後も雨は降らない」という「追従」を超えて、現代の天気予報のように『合理的予測』ができる投資法が必要です。

 

 

 

"FX Victory Method-Advance"

 

現在の状況は、調整(Correction)なのか新たなトレンドの始まりなのか。現在のトレンドは力強いものであるのか。それとも、トレンドはもうすでに転換しつつあるものなのか。

 

反転の時期は迫っているのか。レートがどのあたりで反転の兆候が現れやすいのか。

 

そして今は、ボックス・レンジ内での逆張り振り子トレード(Buy on Dips,Sell on Rallies)をするべき時なのか。

 

それとも、ボックス・レンジを突き抜けて今まさにトレンドが生まれようとしているときなのか。あるいは今は、FXの相場を休む時なのか。

 

経済指標の発表時のテクニックを含めて相場の状態に応じて統合的(integrative)にトレードしくてはならないのです。

 

では、どのようにしてFXの相場の状態を見極めたらよいのでしょう?

 

相場の状態に応じて効果的なワークとなる複数のテクニカルチャートとは?

 

そして、どのようにしたら相場の未来が見えてくるのでしょうか?

 

肝心なFXの売買タイミングは?

 

そして、エグジット(クローズ)のタイミングは?

>> FXビクトリーメソッド【アドバンス】の詳細はこちら!
先進のFXビクトリーメソッド【アドバンス】完全版 - 価格キャッシュバック

佐野裕FXビクトリーメソッド【アドバンス】Victory Method-Advance

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME プロフィール FXのノウハウ 教材の内容中身 購入者の結果評判 金額特典返金保証 質問Q&A