プロフィール - 佐野裕FXビクトリーメソッド【アドバンス】

プロフィール - 佐野裕FXビクトリーメソッド【アドバンス】

プロフィール - 佐野裕FXビクトリーメソッド【アドバンス】

 

佐野裕と申します。

 

私の父は、穀物相場の相場師でした。

 

手亡という不思議な名前の銘柄と、赤いダイヤといわれていた小豆が父の扱っていた相場でした。

 

この相場だけで父は家族を二十年以上も食べさせていました。
ですから、私は相場で生活ができるということを体で知っているのです。

 

その父が病で倒れ、他界したのは私がまだ学生の頃でした。

 

さて、私が投資を始めたのは今から二十年以上も前のことです。
父の影響からか、最初に始めたのは大豆の先物取引でした。

 

父から相場の手ほどきは受けていませんでしたが、
見よう見まねではじめたわけです。

 

当時はまだインターネットが広く普及していなかったので、
電話での取引でした。

 

今のようなリアルタイム情報などはなく、1日遅れで到着する
穀物新聞とNHKの世界の天気だけが頼りの、
今思うと恐ろしいほどに情報不足の中でのトレードでした。

 

そのような状況の中でも200万円以上の利益を何度か上げて
有頂天になったときもありましたが、
ポジションサイジングも何も分からずただ勘だけで
何も勉強らしい勉強もせずに取り組んだ投資が
そう長くうまくゆくことが続くはずがありませんでした。

 

相場をなめていた罪で、
あるとき、私は数日で600万円ほど損をしてしまったのです。

 

当時の穀物相場は、電話取引でしたので、
今のFXのように顧客の意思でトレード画面で設定する
ストップロスという仕組みがまだ一般的ではありませんでしたので、
恐ろしいことにストップなしでの取引でした。

 

そして、損を出すとすぐに追証をしなければなりません。

 

数百万円の現金をすぐに用意するというのはたいへんなことでした。
当時の先物は、今よりももっと危険なものでした。

 

 

どうすれば、相場に勝てるのか?

 

マッドサイエンティストのような研究、そして研究…

 

 

そういえば、相場師の父は部屋の壁一面にグラフ用紙を貼って、
手書きで罫線を引いていた。
そしてそれをじっと見て相場を張っていた…。

 

ようし、真剣に相場を勉強してみよう。

 

当時、ある会社の役員をしていた私ですが、
それからというもの相場の研究に没頭しました。
ダウ理論、一目、グランビル、アペル、ジョージ・レーン、ワイルダー、
ボリンジャー 、ウィリアムズ、シュワッガー、バーンスタイン…。
来る日も来る日も相場の研究をしました。

 

そのようなことを何年も続けたある日私はFXと出会うこととなったのですが、

 

 

しかし…

 

そんな私をあざ笑うかのように
相場は私を迷宮へと突き落としました。

 

不思議なことに勉強すればするほど
相場に勝てなくなっていったのです。

 

断片知識を積み上げていったために
間違った使い方でテクニカル分析を覚えてしまったのです。

 

たとえばアメリカのチャート分析家ジョージ・レーンという人が考案した、
投資家の多くの人が知っているストキャスティクスという
テクニカル指標があります。

 

 

これは正しく使えば、すばらしいテクニカル指標ですが…、

 

しかし、間違って使えば悲惨なことになります。

 

 

次のFXチャートをご覧ください。

 

 

参考例の左の図は
2005年8月から2006年1月までの
ドル円の日足チャートです。

 

2005年9月の上旬から同年12月の上旬
まで、およそ3ヶ月間みごとな上昇トレ
ンドとなっています。
12円ほど円安ドル高となっています。

 

この時期、正しい投資行動ができる人
であればFXで大儲けしたことでしょ
う。でもストキャスティクスなどの
オシレーター系指標で逆張りトレードを
していたとすると大損となった方も
いらっしゃることと思います。

 

「こんなバカな。もう下げるはずだ。」
「ストキャスが天井から反転したぞ。」

 

FXのトレンドに逆らい
トレードしていては、
悲惨なこととなってしまいます。

 

オシレーター系のテクニカル指標は、
とても有効なものですが、
トレンドが発生している時には
役に立たない場合があります。

 

テクニカル指標はすばらしいものですが、適用を誤ると悲惨です。

 

気づきを得た後からは、指標の天井圏に張りつきサイドウェイしているストキャスティクスを見ると、上昇トレンドを見ることができるようになったのですが、昔の私は、愚かにもテクニカル指標の適用がうまくできませんでした。

 

ストキャスティクスが指標の天井圏にあると「売り」しか考えられないときがあったのです。

 

トレンドを感じていながらも、標がその天井圏にあるために「買い」に入れなくなってしまっていたのです。

 

オシレーター指標を狂って解釈していたのでした。

 

これはもう投資行動の病気です。この病気にかかると損するばかりではなく、大切なものを失います。相場での儲けの大きなチャンスさえも失ってしまうのです。そうです。毎回の投資でいつも損をして、そればかりでなく、普通の人ならば儲けれるその大きなチャンスさえも逃してしまっていたのです。

 

誤解のないように断っておきますが、私はストキャスティクスなどのオシレーター系テクニカル指標がダメなものであると言っているわけでは決してありません。

 

振り子運動(オシレート)では、レンジを突き抜けるトレンドを計ることは確かに難しいことですが、FX相場が「ある状況」の場合、オシレーター系テクニカル指標はすばらしい的確性を発揮します。的確な投資で儲けることができます。

 

ある時はダマシを連発して、ところが、ある時はとても的確。

 

なぜ、こうなってしまうのでしょうか?

 

あたりまえな「あること」の気づき

 

なぜなのか…。

 

この問いが私のメソッドの原点となりました。

 

そして、あたりまえな「あること」に気づいたのです。

 

それは…、

 

テクニカル指標にはトレンドの状態ごとに適切な使い方や適用がある

 

ということでした・・・

>> FXビクトリーメソッド【アドバンス】の詳細はこちら!
先進のFXビクトリーメソッド【アドバンス】完全版 - 価格キャッシュバック

佐野裕FXビクトリーメソッド【アドバンス】Victory Method-Advance

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME プロフィール FXのノウハウ 教材の内容中身 購入者の結果評判 金額特典返金保証 質問Q&A